FC2ブログ

秋 の 気 、 澄 み わ た る 頃 。 吉里吉里国は大忙し!  平成30年12月1日

1.【吉祥寺境内木伐採作業】
   ~ 時 空 を 越 え 、 恩 お く り
 あ り が と う さ よ う な ら  大 イ チ ョウ 。
          ≪地域の安全確保活動≫

 ↓ 多くの地域住民が参列され、大イチョウに合掌を捧げました。
DSC09567.jpg
 ↓ 始業前の用具点検
46495255_1983684465045425_5965692647677886464_n.jpg
 ↓ 樹齢300年超の大イチョウに、敬意と感謝を籠めて。
46667556_1985992188147986_3016142196660240384_n.jpg
 ↓ まず上部から、大枝の処理。
46738680_1986074588139746_96145059124084736_n.jpg
 ↓ 枝払い・玉切り作業。
46686544_1986057531474785_2596468826065338368_n.jpg
 ↓ 巨大な伐根。
PB270042.jpg
 ↓ 胸高直径:1.8m、幹回り:5.8mの一番玉。
PB260031 (2)
 ↓ 枯損・風倒木等による二次災害の危険が去りました。
PB270038.jpg

2. 【内外交流・地域活性化活動】
 ●東京スター銀行さん  (新入社員大槌町研修)
 ↓ 薪割り修行。
PA260019.jpg
 ↓ 震災講話会。
DSCN0050.jpg

・ 薪割り作業を終え、震災講話を聴かれた方の感想文を紹介します。

 先日はお忙しい中、薪割りの体験ならびに講話という貴重な機会を頂き
ありがとうございました。薪割りは初めてで、最初は上手く割ることができ
ませんでしたが、アドバイスして頂いたことを意識して挑戦したら、割れる
ようになり、気付いたら夢中で割っていました。
 また、お話しを拝聴し、自分の仕事に対する意識が変わりました。新人で
慣れないことも多く、日々の業務に追われるばかりで、やりがいや誇りを見
い出せずにいました。しかし、お話しを拝聴し、日々の作業においても常に
感謝の気持ちを持ちつづけようと心を新たにいたしました。
 まだ、指導して頂くことばかりなので、まずは指導して頂いた方々に恩返し
が出来るようになり、いつか私も恩送りが出来る人間になりたいと思います。

 ●千代田化工建設(株)さん (社員研修)
 ↓ 薪割り修行。
IMG_5208.jpg
 ↓ 薪の棚積み作業。
IMG_5179.jpg
 ↓ 震災講話会。
IMG_5204.jpg

 ● デンソウ(株)さん (社員研修)
 ↓ 薪割り作業の安全指導。
IMG_5197.jpg
 ↓ 薪割り修行。
IMG_5209.jpg
 ↓ 集合写真。
IMG_5247.jpg
 ↓ 震災講話会。
IMG_5251.jpg

 ● みらいの学校さん (被災地研修)
 ↓ 薪割り修行。
!cid_7D542533348B463B9AB5D709E5DF8F36_201811301326112c7.png
 ↓ 集合写真。
IMG_5261 - コピー

 ● 被災地を巡るリーダーシップ研修の御一行さん。
 ↓ 薪割り修行。
PB110064.jpg
 ↓ 集合写真。
PB110078.jpg
 ↓ 震災講話会。
PB110076.jpg

 ● 『 にぎやか市 in おしゃっち 』 への出店。
 ↓ 大槌町文化交流センター「おしゃっち」大駐車場にて開催。
PA210009.jpg
 ↓ 吉里吉里国は、軽トラックでの出店。 (薪や木工製品等)
PA210014.jpg

3. 【林業学校(森林資源の有効活用)】
● 熱供給(薪ボイラー)事業勉強会  (ホワイトベース大槌にて)
 ↓ 復興まちづくり大槌(株)のスタッフさん。
PA310026.jpg
 ↓ 共同浴場のお湯を沸かしてくれました。
PA310031.jpg
PA310032.jpg

 ● 広葉樹林業勉強会 『講師:大西 潤二 氏 (大西林業代表取締役)』
 ↓ 大槌町での広葉樹の活用、広葉樹施業、販売等の知識を深める場となりました。
IMG_5416.jpg
 ↓ 多くの熱心な関係者が出席されました。 (場所:大槌町役場)
IMG_5125.jpg
 ↓ 吉里吉里地区の山林(特に広葉樹林帯)状況も視察してくださいました。
IMG_5124.jpg

4. 【薪まつり特集】
 ● 薪 ま つ り 2018 概 要
薪まつり報告書1
薪まつり報告書2
薪まつり報告書3
薪まつり報告書4
薪まつり報告書5
薪まつり報告書6
薪まつり報告書7
 感 謝 の 言 葉

 薪まつりの開催は、当団体の事業を展開するための原点です。それは、力であり希望
でもあります。震災直後の“生き延びるための期間”とも言える日々、避難所(吉里吉里
小学校)の校庭の片隅に燃える焚き火の炎は、悲しみの淵に落とされた私たちに、這い
上がる力と勇気を授けてくれました。

 被災地のこの町で、立ち上がろうとしても、どうしても立ち上がれぬ人達がいます。そ
の事を責めたりはしますまい。 何かの力で 立ち上がる事ができた私達が、その人たち
の分まで、美しい町を創るために頑張って働くのです。それで良いのです。皆が大槌とい
う家族の一員だからです。

 誰かに作ってもらった町でなく、この町に暮らす普通の人々の汗や願い(祈り)が籠め
られ創られた町。其れこそが、皆で守りつづけようとする本物の町だと言えます。
 町見て、それを支える人の労苦を知らぬ、地方創生論。

 都会と我が町を比べぬ人。誰かと自分を比べたりせぬ人。少しの不便さを楽しみに変
えながら、心豊かに暮らす人。そういう人達がいっぱい住む町。其処から、次代を担う地
域の子供等の将来が約束されるのだと思います。

 6年目を迎えた今年の薪まつりも、大成功でした。延べ約550名の方々がご参集くだ
さいました。その中で地元大槌町の皆様方(特にご家族連れの方々)が大勢お出で下さ
った事が、何よりも嬉しかったです。さらに、50人規模に及ぶ人達のご協力やお力添え
を賜る事ができました。

 大槌の町に暮らす人や自然の恵みに、心から感謝します。まつりにご参加された方々
や、イベントを陰から支えて下さった全ての人に敬意を表します。
 
 私たちの活動を、これからも見守り続けて下さいませ。 ありがとうございました。
                              
                              NPO法人 吉里吉里国
                              スタッフ一同
                              理事長 芳賀 正彦
IMG_4813 - コピー (2)
スポンサーサイト

  吉里吉里国は忙しい !        平成30年10月1日

【内外交流の促進】 ~薪割り道場の賑わい~

大槌町社会福祉協議会さん。
 ↓ 全国から集まった、防災士を目指す人たち。
IMG_4510.jpg
 ↓ 薪割り作業の安全指導。
IMG_4512.jpg
 ↓ 皆が、現場に仁王立ちできる防災士になりますよう。
IMG_4515.jpg

法政大学生さん。
 ↓ 大学の“チームオレンジ”のメンバーです。
IMG_4533.jpg
 ↓ 丸太材の運び方作業。
IMG_4532.jpg
 ↓ 爽やかな汗を流し、最高の瞬間をパチリ。
IMG_4542.jpg

駒場東邦中高等学生さん。
 ↓ 毎年ここに来て下さる、最強のメンバーです。
IMG_4573.jpg
 ↓ 震災講話会。
IMG_4574.jpg

大槌学園ふるさと科、7年生さん。 ~職場体験学習~
 ↓ 林業・森林環境教育。
IMG_4583.jpg

大槌学園ふるさと科、3年生さん。 ~職場体験学習~
 ↓ 林業の副業でもある薪の生産作業を、生徒たちは体験しました。 
P9070039.jpg
 ↓ オーガと呼ばれる大鋸を見せながら、おが屑(オーガ屑)の名の由来を説明しました。
P9070035.jpg
 ↓ チェーンソー作業のデモンストレーション。
P9070029.jpg

旭化成さん。
 ↓ 逞しい人たちです。 
P9180025.jpg
 ↓ 作業が捗り、用意した丸太が無くなりそうで心配でした。
IMG_4795.jpg
 ↓ 震災講話会。
IMG_4790.jpg

吉里吉里学園5年生さん、「森林教室」。 ~樹木博士~
 ↓ 生徒たちの顔を早く見たくて、待ち遠しい思いでした。
IMG_4743.jpg
 ↓ 生徒たちは森の樹について、その名前・特徴を学びました。
P9180013.jpg
 ↓ 10問中、7問正解すると樹木博士になれます。
P9180022.jpg

遠野東中学生さん。 ~東日本大震災を学ぶ~
 ↓ とにかく、みんな元気いっぱいでした。
P9260038.jpg
 ↓ 二日目はどしゃ降りでした。雨なぞに負けず、大物に挑戦!
P8310068.jpg

千代田化工建設さん。 ~企業研修~
 ↓ 吉里吉里国のことは何でも知ってる、吉里吉里人たち。(棚積み作業のお手伝い)
P9010075.jpg

日本郵船さん。 ~企業研修~
 ↓ 大物に立ち向う! 
P8300062.jpg
 ↓ もう立派な、“薪ワリスト”です。
P8300060.jpg

森と海の映画祭。 (吉里吉里公民館、主催行事。協力団体、吉里吉里国)
 ↓ 新築再建された吉里吉里公民館。住民のため、住民に開放された施設です。
P9080007.jpg
 ↓ 懐かしき“金魚すくい”。震災復興の途にあることを暫し忘れます。
P9080002.jpg

講演会「被災者が伝える東日本大震災の記憶」。 (会場:盛岡市総合福祉会館)
 ↓ 講師:当団体スタッフ。
!cid_310A7927-C7B3-4786-813D-A3BC5F8A2E31.jpg

姉妹都市<大槌町&フォートブラック市(アメリカ)>交換留学生の交流会。
 ↓ 会場:吉里吉里国作業場。
IMG_4888.jpg
 ↓ 『 k i r i k i r i P I Z Z 工 房 』 の出番です。
IMG_4862.jpg
 ↓ 薪割りを、心から愉しむ。
IMG_4875.jpg
 ↓ 国際協力? 国際理解? いいえ、私たちは人間協力から人間理解している。
IMG_4886.jpg
 ↓ 素晴らしき仲間たち! みんなが家族、地球人。
フォトブラック市交換留学生

劇団「青い鳥」 公演。
 ↓ 舞台づくり作業。手前右側は、吉里吉里国の棟梁さん。
P9220028.jpg
 ↓ 木枠や袖幕(暗幕)等、全てが手造りでした。
P9220031.jpg
 ↓ あとは本番を待つばかり。
P9220032.jpg
 ↓ 公演当日、受付作業の事前打ち合わせ。
P9230037.jpg
      ➘ 観客は100名を超え、ほぼ満席でした。公演の成功を感謝し、ばんざーい!
               1.jpg
 ↓ 左奥の建物が、公演会場となった大槌町文化交流センター『おしゃっち』。
    当日は大槌祭りの日で、郷土芸能「鹿子踊り」等が披露されました。
P9220035.jpg

 震災直後、避難所生活者に「ガレキ廃材で薪を作り販売し、生活の糧を少し得ようぜ!」と呼びかけ
ました。内心、津波の泥にまみれた薪が売れるのかと心配でした。
 でも本心は、被災者の方々に薪割り作業の中で、斧を振上げ振り下ろす瞬間だけでも、辛いことを
忘れて欲しかったのです。大切な人を失ったその悲しみ等を・・。
 あの時から7年が過ぎた今、地域の人々や全国・海外からの人たちが、薪割り道場で汗を流してい
ます。年間、延べ約600名を超える方々が、無垢の心になれる自分を堪能されてます。
 大津波で犠牲になられた方々が、空の上から私たちの薪プロジェクトを見守りつづけて下さってい
ます。これからも名も無き人間として、正直にこの活動を展開してまいります。



        7月~8月の活動         平成30年8月8日

●地域づくり活動
1.吉里吉里海岸大清掃。
 ↓ 地域住民総出の活動です。 当団体も皆が地域住民として参加します。
P7080019.jpg
 ↓ 清掃前の砂浜です。
P7080018_201808071409220d0.jpg
 ↓ 清掃後の砂浜。きれいになりました。
P7080020.jpg

2.町道沿いの草刈り・清掃活動。
 ↓ 新たに立ち上がった自治会への参加協力。
P7080024.jpg
P7080031.jpg
P7080027.jpg

●森林教室「蜜蜂と自然環境」の開催。
   テーマ 『 自然と共生し、力強く生き抜く命 !』 
 ↓ 吉里吉里学園小学部5年生です。
IMG_4258.jpg
 ↓ 生徒たちは、動植物と環境、蜜蜂と自然環境等について学びました。
    講師:藤原 勝志 様 (・マタギ倶楽部 ・森林インストラクチャー)
IMG_4263.jpg
 ↓ 蜜蜂の巣箱観察。 女王蜂はどこにいるかな?
IMG_4272.jpg
 ↓ 巣の蜂蜜を、「チョッピリ味見させていただきまーす ‼」
IMG_4278.jpg
 ↓ 生徒たちから、活発な質問が続出します。
IMG_4280.jpg
 ↓ 採蜜作業を体験しました。
P7060014.jpg
 ↓ 遠心分離機を使っての採蜜作業も行いました。
IMG_4283.jpg
 ↓ 美味そうな蜂蜜が、トロリと出てきました。
IMG_4287.jpg

●岩手県立盛岡視覚支援学校の生徒さん受入れ。
 ・活動目的
  (1)被災地の人々との交流を通して、地域の再生と活性化に向けた取組みについて考える。
  (2)ボランティア活動をすることで、地域復興の一助を担おうとする意識と態度を養う。

 ↓ 陽射し除けの手拭いを頭に巻きました。
IMG_4381.jpg
 ↓ 安全作業の説明を熱心に聴く生徒さん。
IMG_4390.jpg
 ↓ 親切で、心優しい先生方と一緒になって汗を流しました。
IMG_4397.jpg
 ↓ わが家族の如く、生徒たちに寄り添う先生。 私たちは、涙がこぼれそうでした。
IMG_4413.jpg
 ↓ 大震災の時の出来事を、魂を籠めながら話しました。 (震災講話会)
IMG_4415.jpg
 ↓ 秋に開催される学校の文化祭で、今回の活動発表と薪の展示をしてくださいます。
    生徒さん達、先生方、ありがとうございました。
IMG_4418.jpg

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
◎今後の主な活動予定
1.大槌学園中庭の花壇づくり。 ・完成:10月中旬予定。
P6080002.jpg

2.「劇団 青い鳥」 大槌公演の開催。
  ・公演日:9月23日(日)決定。 ・題名:『普通の人々』。
 
大槌の人々おもて面
大槌の人々うら面

3.イベント『薪の湯まつり』の開催。 
開催日:10月中旬予定。

薪の湯まつり

4.イベント『薪まつり』の開催。 
開催日:11月3日(土)・4日(日)決定。
薪まつり

5.吉祥寺の境内木伐採(特殊伐採)作業。 
作業日程:11月10日前後5日間を予定。
イチョウ (3)

6.イベント『山神まつり』の開催。 
  開催日:12月12日(水)決定。 
山神まつり

7.その他の活動。
 (1)森林保全整備活動。 通年実施。
 (2)森林教室、林業学校、セミナー・ワークショップ等の開催。
    それぞれ8月~2月のまでの間、計12回開催予定。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 これからも私達のことを、見守り続けて下さいますようお願い申しあげます。
                 - スタッフ一同より ー


  5 月 ~ 6 月 の ア ル バ ム      平成30年6月28日

【内外交流促進活動】  ~企業研修生(武田薬品工業様)の受け入れ~
 ●薪割り体験教室や震災講話会等を開きました。
  ↓ 作業前の安全指導。
IMG_4007.jpg
  ↓ 作業の様子。
IMG_4004.jpg
  ↓ 薪割り後は、誰もが清々しい笑顔になります。一番の醍醐味です。
IMG_4017.jpg

【地域づくり活動】  ~大槌町消防団、第3分団懇親会~
 ●当団体スタッフも加入する、吉里吉里地区における地域防災活動です。
  ↓ 消火活動(模擬訓練)のご披露。
P6030002.jpg
P6030005.jpg
  ↓婦人消防協力隊のメンバー。 当団体スタッフの奥様。
P6030010.jpg
  ↓ 地域住民、学校及び自治会等の関係者総参加の催しです。
P6030011.jpg

【地域づくり活動】  ~大槌町コミュニティー協議会~
 ●町民が担う草の根活動による、地域創生を目指した会議です。(当団体も委員を務めています)
  ↓ 町内各地域ごとの活動成果や課題等の発表。
P6190042.jpg
P6190039.jpg

【伐木作業】  ~風倒木等による二次災害の防止~
 ●吉祥寺(吉里吉里地区)の参道及び境内の支障木伐採。
  ↓ お寺のご住職様と共に、樹への感謝と作業の安全をお祈りいたしました。
①
  ↓ ロープワーク技術を駆使した作業です。
②
  ↓ 樹の真下に石碑があり、それを傷めぬよう枝を斜め下にゆっくりと降ろします。
⑥
  ↓ 枝を広げた上方の幹の部分も、丁寧にゆっくりと下げていきます。
⑦
  ↓ 感謝と祈りを籠め、チェーンソーを握ります。
⑤
  ↓ 地上で伐木材の枝払い作業。(幹の片方はクレーン車で吊り上げています)
     幹の動きを予測し見定め、作業者同士の密な連携プレーが大切です。
⑧
  ↓ 伐倒木の幹は、ご覧の通り空洞となっています。
④
  ↓ 空洞に蜂の巣を見つけました
⑨
  ↓ 今回の作業で、全体の約7割の作業を終え、参道は綺麗になりました。
⑩
  ※ 次回の作業は落葉の頃、今年の11月初旬を予定しています。

     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
      NPO法人吉里吉里国が発足し、早や8年目になりました。
     当団体のこれまでと、今の事業活動を比較した時、少しの変化を感じます。
     活動の幅が少し拡がったとも言えるでしょう。
      それは、これまでに外部(地域内の各団体組織等)との繋がりを、多く持つ
     事が出来たからでしょう。
      そして今、それら各団体等と協働体制を組みつつ、これからの事業活動を、
     推進・展開できるようになりました。
      でも、忘れません。
      あの日、復活の薪プロジェクトに捧げた「祈り」を。
      あの時、荒廃した里山へ飛び込んで行った「覚悟」を。
     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

新年度スタート  ~ 吉 里 吉 里 国 は 、 休 み な し ~    平成28年5月25日

復活の薪プロジェクト。
 ↓ 薪材の搬入。
P5140064.jpg
 ↓ 薪割り作業後。
P5230005.jpg
 ↓ 乾燥用棚済み作業後。
P5230004.jpg
 ↓ 出荷待ちの商品(広葉樹)。
P5230009.jpg
 ↓ 細割りした商品(杉)。  <岩手県立、陸中海岸青少年の家キャンプファイヤー用>
P5230010.jpg
 ↓ 地元吉里吉里、「大槌おおのクリニック」院長先生。薪のある暮らしを楽しまれています。
P4290043.jpg

復活の森プロジェクト。
 ↓ 雑草木の刈払い作業。
IMG_3721.jpg
 ↓ 集材作業。
P5230072.jpg
 ↓ 造材作業。
P5230074.jpg

 ◎ 今年度中に作業予定の、特殊伐採作業地の現場確認。(吉里吉里地区・吉祥寺境内)
 ↓ 山門入口付近の巨木(杉)。
IMG_3384.jpg
 ↓ 幹の中が空洞化し、二次災害の危険あり。
外周5,1mの大木
 ↓ 樹齢約四百年の大イチョウ。幹の約65%が空洞化。
イチョウ (2)
 ↓ 樹勢の衰えが目立つアカマツ。
アカマツ

コミュニティーの再生、吉里吉里地区「公民館」完成。
 ↓ (落成祝賀会の様子)
P4220011.jpg
 ↓ 吉里吉里弁天虎舞の披露。
P4220028.jpg
P4220013.jpg
 ↓ 吉里吉里鹿子踊りの披露。
P4220033.jpg
 ↓ 吉里吉里甚句の披露。
P4220041.jpg

被災地復興の今。 <吉里吉里地区>
 ↓ 防潮堤建設工事の現場。
P5250008.jpg

P5250007.jpg

P5250006.jpg

津波に耐えた、百年ケヤキがオブジェとなって帰ってきました。
 ↓ 特殊伐採作業(2017年3月)。
P1130753.jpg
 ↓ この原木丸太からオブジェが製作されました。
P6260001.jpg
 ↓ 国立新美術館(東京、六本木)にて展示されていた時の写真です。
    ・作品名 : 出 航  ・作者 : 原口 健一 氏 (横浜国立大学、准教授)
image4.jpeg
 ↓ 作品の移動手段として、手づくりの台車等を作りました。
P5230002.jpg
P5230004_20180525143311db6.jpg
 ↓ 運送用トラックから、展示会場への搬送作業。
IMG_3643.jpg
IMG_3651.jpg
 ↓ 無事に、一階エントランスホールに設置しました。
IMG_3656.jpg
 ↓ 御社地エリア復興拠点施設『おしゃっち』の担当職員さん達と皆で記念撮影。
モニュメント搬入スタッフ集合写真

ピザ窯づくり。
 ↓ 外壁を飾るタイルのデザイン作り。
33300780_2144310002262231_5802523812150902784_n.jpg
33426054_2144310032262228_4465306493528309760_n.jpg
 ↓ タイル貼り作業。
P5250006_20180525144024390.jpg

企業研修生の受け入れ。 <千代田化工建設(株)様>
 ↓ 雨中での薪割り作業。
IMG_3691.jpg
IMG_3697.jpg
 ↓ 震災風化防止講話会。
IMG_3701.jpg

吉里吉里国地鶏の卵が孵化。
 ↓ ヒヨコが、38羽誕生しました。
P5250003.jpg
P5250005.jpg

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 低質間伐材(林内放置材)から、薪を生産しています。今年の冬出荷分は、ほぼ確保できました。
持続できる暮らしや、自伐林業の副業的“なりわいづくり”のため、薪の地域内普及を図ります。

 震災で全壊した公民館。7年が過ぎ、住民待望の新公民館落成の日を迎えることができました。
震災前、吉里吉里地区には五つの町内会組織がありました。最近、四つの自治会組織が新編成
され、すでに活動を展開しています。

 当団体のスタッフ数名は、自治会の役員や相談役、公民館の運営審議委員として、コミュニティー
再生のため、その裏方として行動しています。全ては、街の次代を担う地域の子供たちや生活弱者
のためにです。地域の子等は地域の大人が育て・守るという、当たり前の事を実践します。

 (仮称)御社地エリア復興拠点施設の愛称が決定しました。(仮称)御社地エリア復興拠点施設
愛称選考委員会にて、応募のあった350点の中から、「おしゃっち」に決定しました。考案された
のは大槌学園3年生の生徒さんです。
 選考理由は、・言いやすく覚えやすい・愛称なので漢字でなく仮名を用いた・歴史的な場所の御社
地が想起される等が相応しいとのことです。

 今回も、ブログ更新が遅れましたことを心よりお詫びいたします。お許しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR