スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉里吉里国・迎賓館(ボランティアハウス)の引っ越し

PB260256-s.jpg
11月26日、いよいよ迎賓館の引っ越しの日となりました。
間口・4,10m、奥行き・5.4mの大きなハウスです。
全国・海外から来てくださったボランティアの方々の想い出が、いっぱい詰まったハウスです。
屋根に立つのは松村紀貴君


PB260258-s.jpg
10トン・トラックに載せられるところです。
当初、我々の手でハウスを分解して運び、移転先で再度組み立てる予定でした。
地元の方が「そのままの姿で、俺が運んでやる。」と言ってくれたのです。
本業を犠牲にして手伝ってくれました。


PB260259-s.jpg
悪戦苦闘の末、ハウスはトラックの荷台に収まりました。

PB260261-s.jpg
津波の爪痕を残した吉里吉里海岸の砂浜を左手に見ながら、ハウスはゆっくりと進みます。
目的地はもうすぐです。


P1000088-s_20120201112952.jpg
津波で流失した住居跡を過ぎようとしています。
このカーブを左に切れば、移転先はそこです。


PB260269-s_20120201112951.jpg
吉里吉里の海も、山も、町も夕映えに光る頃でした。
長い一日でした。




スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。