スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国研修の旅   (2012年2月17日~21日)

吉里吉里国より、四国・徳島~高知さらに大阪へ、林業の勉強に行ってきました。 まさに怒涛のような5日間でした。

【作業道づくり研修・徳島】  2月18日
P2180101.jpg
右側手前が、作業道づくりの神様と呼ばれている、橋本先生です。
その心を、私たちは学ばせていただきました。


P2180106.jpg
DSC_0874_20120226153317.jpg
見事な作業道です。
思わず、足を踏み入れたくなるような優しい道です。


P2180128.jpg
橋本先生の奥様が、ひと石ゝゝ、丹精こめて築かれた石垣です。

P2180113_20120226164348.jpg
杉/檜の巨木が,我々を出迎えてくれました。 
豊かな山に抱かれる。それは、至福の時。


DSC_0780 (2)
東京農大の学生さん・そのOBの方々による、名物の「ダイコン踊り」です。
一日目の夜は、橋本先生を囲んで、楽しいひと時を過ごさせていただきました。


【土佐の森研修】  2月19日
DSC_1038.jpg
山入りする、土佐の森のサムライ。

DSC_1034.jpg
林内作業車による、集材作業。

DSC_1008 (3)
吉里吉里国メンバーも活躍しました。(紀貴君)

P2190139.jpg
作業を終え、記念撮影。 

DSC_0924.jpg
ログハウスの工房にも立ち寄ってみました。
吉里吉里国も、自分たちの手でこれを建ててみせます。


DSC_1066.jpg
夜は、赤牛のバーベキューで、おもてなしを受けました。
吉里吉里人は皆、よだれを隠すのに必死でした。


DSC_0997.jpg
一日汗を流し、ごちそうを腹いっぱいいただき、皆バタンキュー、、。
右奥の方が、赤牛を提供して下さった安藤氏(酪農経営)です。


【移動製材機研修】  2月20日
DSC_1114.jpg
寒い朝、山中先生が白い息を吐きながら、実習を始められました。

DSC_1097.jpg
まず、製材機の試運転。

DSC_1104 (2)
DSC_1111.jpg
原木丸太が、精巧に製材されていきます。
それはまさに、名人芸といえる技。

DSC_1100.jpg
小学生の頃から、山の現場で生きてこられた、その表情・お姿。
近寄り難い、偉大な方でした。

【大阪での出会い。】  2月20日、夜
P2200148_20120227103225.jpg
NPO日本森林ボランティア協会の方々と、久方ぶりの再開。
左側前から3人目の方が前野氏。

彼が口にした「この薪、売れるんちゃうんか?」の一言で、【復活の薪】が誕生しましました。

DSC_1206.jpg
大阪の夜。
被災地・吉里吉里とは、別の世界のように感じられました。

【旅の終わり】  2月21日
DSC_1221.jpg
岩手・花巻空港に着きました。
彼は今、四国のサムライ達と別れた寂しさを堪えています。
それは我々皆、同じ想いでした。


答えは、現場にある。

現場に立つ。死ぬまで立ち続ける。

共に生きる。心を交い合わせながら、共に生き続ける。

多くを学び、さらなる勇気を得ました。

怒涛の5日間が、一瞬のうちに過ぎ去っていきました。



スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。