「塩害木の処理作業」 と 「復活の(薪風呂)完成」    2012年8月15日

【塩害木の伐採・撤去・処理作業の様子。】
(作業前)
P3260177_20120815092638.jpg

(伐木作業)
P4150248.jpg

(軽架線による集材作業)
P7110023.jpg

(搬出作業)
P7110028.jpg

(塩害林を所有する御爺さま)
P6220430.jpg


(作業を90%終えた塩害林)
P7120031.jpg
 この塩害林は、80歳を過ぎた老夫婦が手塩に掛け植林されたものです。
  塩害木の約半分は、津波で命を奪われたその奥様の汗が、想いが込められています。
  瓦礫として焼却処分することは、私たちにはできないのです。


【復活の薪風呂】
待望の、薪のお風呂ができました。
(火入れ式)
P7140040.jpg

(窯の中では、サツマイモを焼いています。)
薪ボイラーの灯 (1)
・お風呂の薪の炎が、絶望の淵から這い上がったあの時を、忘れるなと諭してくれます。
 それは、真夜中に避難所で見つめ続けたあの炎です。 
 立枯れ木がお風呂の薪として甦り、この先私たちに希望の灯を与え続けてくれるでしょう。
 
スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR