今年を振りかえって。             2012年12月31日

多くの方々のお力を授かり、いろんな活動を実践することができました。

津波被害木の伐採・処理活動。
【被害林】
P1000632.jpg

【伐採・処理】
P1000790.jpg
P1000794.jpg
P1000786.jpg
P1000820.jpg

復活の薪生産。
IMG_1042.jpg
P1000576.jpg
P1000388.jpg
P1000574_20121231101755.jpg

林業大学校。
【大槌町、木質バイオマスシステム普及のための研修会】
P1000664.jpg

【チェーンソー講習】
P6010369.jpg

【作業道づくりの研修】
P1000329.jpg

【伐木作業の研修】
DSC_0386.jpg
P1000755.jpg
P1000797.jpg

【馬搬作業の研修】
IMG_7879.jpg

森林教室。
DSCF5079.jpg

木工教室。
P8070089.jpg

その他。
【吉里吉里の街の様子】
DSC_0490.jpg
DSC_0492.jpg
DSC_0486.jpg

・子供らは、私たちの生きる希望
両国中学RIMG0040-1
P4290292.jpg

・鎮魂の日(3月)
IMG_1459.jpg
IMG_1466.jpg

津波のその日から、生き延びるための日々が数週間つづきました。
私たちは、助けることのできる人間として働きました。

くたくたになり避難所に戻っても、夜は眠れませんでした。
避難所の片隅に燃える焚き火の炎を、ただ何時間も黙って見つめることしか術はありませんでした。

その焚き火の炎が教えてくれました。
津波で犠牲になられた方々の、その時の苦しみや悲しみを、自分で背負いつづけて生きていけ!と。

それは、決して重い荷物ではございません。
森の中で限界に達した自分の足腰を、正しい方向に動かし導いてくれる宝物なのです。

北国の春に萌える森、真夏の森が教えてくれた山仕事の辛さ、冬空に紅蓮の炎を滾らせ流れる雲 ,,, 。
この一年間、事故もなく五体満足で無事に過ごせたことを、只々感謝するばかりでございます。

ボランティア活動に汗して下さった皆様や、日本各地の空の下より吉里吉里国を見守りつづけて下さいました方々に、心より感謝と敬意を表します。

ありがとうございました。                            
                         感謝。



 
スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR