スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  三年目の春 、 吉里吉里国              2013年5月12日

被災地にも、三年目の春が訪れてくれました。


< 希 望 >
P3270008.jpg
お爺様は75歳にして、新たな人生に挑みました。
(田中 氏と「みさき丸」の船出。吉里吉里漁港)


P3270010.jpg
私たちも餅まきに参加し、たくさんの餅を拾いました。
お爺さんと、みさき丸に幸あれ。


< 春です >
P5050040.jpg
吉里吉里の春です。
冬を耐えたもの達が頂くことのできる、ご褒美です。


P5080086.jpg
吉里吉里国の地鶏に、雛が誕生しました。
この雛たちは、山仕事の疲れを癒してくれる天使です。


< 吉里吉里保育園 >
P4170048.jpg
吉里吉里保育園、建設予定地の山林伐採のお手伝いをさせていただきました。

P5020003.jpg
素敵な保育園がつくられますよう。

P5070055.jpg

P4170053.jpg
この場所で、世界の次代を担う園児たちが、逞しく育ちますよう。


< ようこそ!アフリカの友 >
DSC_0129.jpg
AU(アフリカ連合)より3名のボランティアが吉里吉里国にやってきました。
林内作業車を運転するのは、ローレンスさん(ジャーナリスト・男性・ケニア)。


DSC_0093resized.jpg
左は、デニスさん(弁護士・男性・ルワンダ)。
右は、アデリアさん(フランス語教師・女性・モザンビーク)。


DSC_0157.jpg
3人はこの先、それぞれの国づくりの中核を担う人材です。
まもなく世界の中で、かれらの国・アフリカの時代がやってくるでしょう。



< 復活の薪・第2章 >
P5080076.jpg
薪の生産も順調にすすめられています。

P5080068.jpg
今は冬場の出荷に向け、広葉樹の薪がつくられています。


 山が萌え、鳥がさえずり、名も無き草や山菜の葉が展開する。

 爺様や婆様たちが,待ち侘びた春を喜ぶ。

 童が無心に、道草をくう。

 私たちは山の現場に、足を踏ん張る。

 明日に、なんの憂いがあるものか。








スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。