皐 月 の 空 の 下 、 吉 里 吉 里 国 は 大 賑 わ い !       平成28年5月17日

【森林作業】
  ↓作業道づくり。
DSCN1256.jpg
P1080772.jpg
 ↓間伐材の搬出作業。
P1080916.jpg
 ↓希少樹木、オノオレカンパ<地方名:アンチャ>の木を見つけました。
P1110928.jpg

【薪割り体験イベント】
 ↓「デイサービスセンター 善 」 壱周年イベントに協賛し、薪割り体験の出前教室を開催。 (釜石市平田町)
P5140043.jpg
 ↓五月晴れの空の下、お婆様は昔を懐かしみ楽しみながら爽やかな汗を掻きました。
P5140027.jpg
 ↓被災地、平田町の次代を担う逞しきマキワリスト(子供たち)。
P5140018.jpg
P1080977.jpg
P5140016.jpg

【企業(金融機関)からの研修生受入れ】
 ↓安全作業に関する指導。
P1110823.jpg
 ↓全員が度胸満点の新入社員です。
P4220037.jpg
 ↓薪割り作業後、『吉里吉里国の小さな覚悟』という講話を聴いていただきました。
P1110865.jpg

【被災地の今】
 ↓吉里吉里の海沿いに、防潮堤(高さ:12,8m)の建設が進んでいます。
P4220039.jpg
 ↓吉里吉里地区の防災集団移転地のひとつ、D団地の土地造成工事も終盤を迎えようとしています。
P4300045.jpg

 吉里吉里の森に高価な檜(ヒノキ)はありません。
 でも、県内の内陸部には現存しないアンチャ(オノオレカンパ)の木が、私たちの集落の森にある。
 樹木の中で、唯一水に浮かばぬ木である。
 50年先、この地に暮らす人たちにアンチャの木を遺したい。

 儲けるために、今売れる木を伐ればいい、、、。
 そういう林業経営を、吉里吉里国は行いません。
 経営が厳しくても、目先の利益を求めたりはしない。
 
 薪割り作業は辛い。
 でも楽しくて、面白くて仕方ない。 
 斧を振上げ、振り下ろす人しか会得できぬ至福の時空がある。
 薪割り作業場は、道場と言える。
 
スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR