夏 の 日 の ア ル バ ム            平成28年8月18日

 ◎ブログの更新が遅れましたことをお許しください。お詫びに、写真をいっぱい掲載させていただきます。

【7月14日】 ●森林教室、「蜜蜂の暮らしと自然環境」 開催。 (吉里吉里学園小学部5年生のみなさん)
↓蜜蜂の生態についての学習。
P1090432.jpg
↓巣箱と女王蜂の観察。
P1090434.jpg
↓採蜜作業の体験。
P1090462.jpg
↓地域の子どもは、地域で育てる。
P1090473.jpg

【7月16日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (岩手県北観光、守屋さんツアー御一行様)
↓薪割り道場で、みんな同じ汗を掻く。
P7160008.jpg

【7月17日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (滋賀県立大学、地域共生センターの方々)
滋賀県立大地域共生センター
↓震災講話会の開催。
滋賀県立第

【7月8~10日、25~27日】●内外交流促進活動・震災風化防止活動。(日本郵船、社員研修生の受け入れ)
↓炎天下の薪割り作業。
P7250030.jpg
↓薪割り修行を終えた後の“かき氷”のお振舞い。
P1120439.jpg
↓震災講話会の開催。
P7100044.jpg

【7月28日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (釧路東高校の生徒さん)
160728釧路東高校

【7月30日】 ●内外交流促進・地域活性化活動。 (“森と海の映画祭”の協働運営)
↓半ドーム状のピザ窯(今春に製作)を吉里吉里海岸に運び、“火入れ式”を行いました。
P1030713.jpg
↓この窯で初めて焼き上げたピザです。
P1030787.jpg
↓このイベントに参加された人を対象に、ピザ調理体験教室を開きました。
P1030831.jpg
↓地元漁師さんの協力で、震災後“地引網”が復活しました。
P7300009.jpg
↓「大槌ウインド・オーケストラ」さんの美しい音色が、吉里吉里の白い砂浜に響きました。
P1030734.jpg
↓閉会式では、当団体が閉会の言葉を述べさせていただきました。
P1030873.jpg

【8月3日~8日】 ●ダニエルさんがやってきた。細やかな歓迎会を催しました。
P1120448.jpg
↓大津波に呑みこまれ危うく助かった時の様子を、ダニエルに聴かせる吉里吉里国の棟梁。
P1120484.jpg
↓震災直後、一匹狼(単独ボランティア)としてアメリカから吉里吉里国に飛び込んできた彼でした。
 当時、まだあどけない高校生でした。いま、立派なシアトルのサムライになっていました。
P8060016.jpg
↓ダニエルは、私たちにとっては単なるお客さんではありません。仲間であり家族です。
 ですから、吉里吉里滞在中は毎日汗を流しながら働いてもらいました。
P1120446.jpg

【8月6日】 ●内外交流促進・震災風化防止活動。 (タンザニア支援活動団体「トゥエンディー」の皆さん)
P8060029.jpg
↓震災講話会の開催。
SANY0441.jpg
↓吉里吉里の砂浜で、スイカ割り大会等の交流会。
SANY0451_20160818121452ce3.jpg

【通年】 ●吉里吉里国の樵(きこり)達。
↓作業道策定作業。
P1090523.jpg
↓伐木(間伐)作業。
P1090490.jpg
↓間伐材の搬出作業。
P1090239.jpg

============================================
 ・ダニエルさんがアメリカに帰国する直前、当団体スタッフの一人が彼に宛てた走り書きが、いま手元に
  2通あります。それを記します。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
私の息子(のような)ダニエル へ

吉里吉里に来てくれてありがとう。心からお礼を申しあげます。
君に会えて、5年前のあの夏がよみがえりました。

あの時の起ち(立ち)あがった覚悟を、もっと強く我が胸に抱く(いだく)ことができました。
震災からこれまでの私の生き方は、間違ってはいないのだということを、
あなたは私に無言のうちに教えてくださいました。

普通の正直な民人として、名も無き人として、私はこれからも吉里吉里で暮していきます。
森と海、その流域の恵みを授かりながら、汗と土にまみれ一生懸命に働きます。
  
私や家族のことは、もう心配なさらないでください。私たちは、もう大丈夫です。
いま一度言います。 ダニエルさん、ありがとう !


           5年前のあの時 辛かった でも嬉しいこともあった
                 あなた達が いてくれたからです
            あの時は もう二度と還って(かえって)はこない
          それでも あの日あの時は みんなの心に生きている
             空と海は この地球につながる 宇宙にまでも
       あなたと私の心を 空に流れる雲や 海に輝く水脈が運んでくれる。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
スポンサーサイト
プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR