FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度スタート  ~ 吉 里 吉 里 国 は 、 休 み な し ~    平成28年5月25日

復活の薪プロジェクト。
 ↓ 薪材の搬入。
P5140064.jpg
 ↓ 薪割り作業後。
P5230005.jpg
 ↓ 乾燥用棚済み作業後。
P5230004.jpg
 ↓ 出荷待ちの商品(広葉樹)。
P5230009.jpg
 ↓ 細割りした商品(杉)。  <岩手県立、陸中海岸青少年の家キャンプファイヤー用>
P5230010.jpg
 ↓ 地元吉里吉里、「大槌おおのクリニック」院長先生。薪のある暮らしを楽しまれています。
P4290043.jpg

復活の森プロジェクト。
 ↓ 雑草木の刈払い作業。
IMG_3721.jpg
 ↓ 集材作業。
P5230072.jpg
 ↓ 造材作業。
P5230074.jpg

 ◎ 今年度中に作業予定の、特殊伐採作業地の現場確認。(吉里吉里地区・吉祥寺境内)
 ↓ 山門入口付近の巨木(杉)。
IMG_3384.jpg
 ↓ 幹の中が空洞化し、二次災害の危険あり。
外周5,1mの大木
 ↓ 樹齢約四百年の大イチョウ。幹の約65%が空洞化。
イチョウ (2)
 ↓ 樹勢の衰えが目立つアカマツ。
アカマツ

コミュニティーの再生、吉里吉里地区「公民館」完成。
 ↓ (落成祝賀会の様子)
P4220011.jpg
 ↓ 吉里吉里弁天虎舞の披露。
P4220028.jpg
P4220013.jpg
 ↓ 吉里吉里鹿子踊りの披露。
P4220033.jpg
 ↓ 吉里吉里甚句の披露。
P4220041.jpg

被災地復興の今。 <吉里吉里地区>
 ↓ 防潮堤建設工事の現場。
P5250008.jpg

P5250007.jpg

P5250006.jpg

津波に耐えた、百年ケヤキがオブジェとなって帰ってきました。
 ↓ 特殊伐採作業(2017年3月)。
P1130753.jpg
 ↓ この原木丸太からオブジェが製作されました。
P6260001.jpg
 ↓ 国立新美術館(東京、六本木)にて展示されていた時の写真です。
    ・作品名 : 出 航  ・作者 : 原口 健一 氏 (横浜国立大学、准教授)
image4.jpeg
 ↓ 作品の移動手段として、手づくりの台車等を作りました。
P5230002.jpg
P5230004_20180525143311db6.jpg
 ↓ 運送用トラックから、展示会場への搬送作業。
IMG_3643.jpg
IMG_3651.jpg
 ↓ 無事に、一階エントランスホールに設置しました。
IMG_3656.jpg
 ↓ 御社地エリア復興拠点施設『おしゃっち』の担当職員さん達と皆で記念撮影。
モニュメント搬入スタッフ集合写真

ピザ窯づくり。
 ↓ 外壁を飾るタイルのデザイン作り。
33300780_2144310002262231_5802523812150902784_n.jpg
33426054_2144310032262228_4465306493528309760_n.jpg
 ↓ タイル貼り作業。
P5250006_20180525144024390.jpg

企業研修生の受け入れ。 <千代田化工建設(株)様>
 ↓ 雨中での薪割り作業。
IMG_3691.jpg
IMG_3697.jpg
 ↓ 震災風化防止講話会。
IMG_3701.jpg

吉里吉里国地鶏の卵が孵化。
 ↓ ヒヨコが、38羽誕生しました。
P5250003.jpg
P5250005.jpg

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 低質間伐材(林内放置材)から、薪を生産しています。今年の冬出荷分は、ほぼ確保できました。
持続できる暮らしや、自伐林業の副業的“なりわいづくり”のため、薪の地域内普及を図ります。

 震災で全壊した公民館。7年が過ぎ、住民待望の新公民館落成の日を迎えることができました。
震災前、吉里吉里地区には五つの町内会組織がありました。最近、四つの自治会組織が新編成
され、すでに活動を展開しています。

 当団体のスタッフ数名は、自治会の役員や相談役、公民館の運営審議委員として、コミュニティー
再生のため、その裏方として行動しています。全ては、街の次代を担う地域の子供たちや生活弱者
のためにです。地域の子等は地域の大人が育て・守るという、当たり前の事を実践します。

 (仮称)御社地エリア復興拠点施設の愛称が決定しました。(仮称)御社地エリア復興拠点施設
愛称選考委員会にて、応募のあった350点の中から、「おしゃっち」に決定しました。考案された
のは大槌学園3年生の生徒さんです。
 選考理由は、・言いやすく覚えやすい・愛称なので漢字でなく仮名を用いた・歴史的な場所の御社
地が想起される等が相応しいとのことです。

 今回も、ブログ更新が遅れましたことを心よりお詫びいたします。お許しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。