吉里吉里国の樵(きこり)達。            2012年10月9日

  …津波被害木の伐採・撤去・処理作業が休みなく続けられています。…

            【朝の気を感じながら、現場に向かう「きこり」。】
PA090001.jpg


                  【受け口の切り込み】
PA090003.jpg


                  【追い口の切り込み】
PA090005.jpg


                  【楔(クサビ)打ち】
PA090008.jpg


                  【倒れ始める瞬間】
PA090012.jpg



            昨日も、今日も、そして明日も、同じ作業がつづきます。
  
           チェーンソーを握り締め、全身に汗し、津波被害木を切り倒す日々、、。

           それが吉里吉里国の活き様です。
  
           現場に立つことしか出来ぬ、ごく普通の当たり前の人間達の喜びです。

           それで善いのだ、と思います。









関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【吉里吉里国の樵(きこ】

  …津波被害木の伐採・撤去・処理作業が休みなく続けられています。…            【朝の

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR