スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰りなさい! 薪ボイラー 〈stage-1〉   “ 避難所生活者の護り神 ”   平成26年3月1日

 3年前の4月1日、吉里吉里地区避難所に「薪ボイラー」が設置されました。
 薪ボイラーで沸かしたお湯は、避難所生活をつづける私たちの体や心を温めてくれました。

 左の白いドーム状のテントの中がお風呂です。右の銀色に輝く煙突の下がボイラーです。
                                         〈2011年8月、撮影〉
P1000074.jpg

    (女性用のお風呂)                           〈2011年5月、撮影〉
IMG_4299.jpg

    (男性用の湯船)                            〈2011年6月、撮影〉
IMG_4298.jpg

                    〈2011年4月、撮影〉
securedownload-2.jpeg
                                      
 津波で瓦礫と化した、木造住宅の柱・梁などの廃材が薪として復活しました。
 薪の炎は、絶望の淵に立たされた私たちに多くのことを教えてくれました。    〈2011年4月、撮影〉
IMGP3555.jpg

 全国・海外から多くのボランティアさんが来てくださいました。
 みんなが吉里吉里人になりきって、私たちに起ち上がる勇気や生きる希望を授けてくれました。
 そういう人たちや薪ボイラーに、私たちは今も活かされているのだと思います。

                                            〈2011年8月、撮影〉
DSC_0155.jpg

震災の日から避難所生活が始まり、5ヶ月後の8月12日に最後の避難者が仮設住宅に移りました。
避難所は閉鎖され薪ボイラーはその役目を終えましたが、私たちはこのボイラーを今も保存しています。

                                           〈2011年8月、撮影〉
P8230106_20140226183549ed3.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吉里吉里地区に「ホワイトベース」という名の宿泊施設がオープンします。
4月オープンに向けての建設工事が進んでおり、薪ボイラーでお湯を沸かす共同浴場もつくられます。
  “吉里吉里・薪の湯”の復活です。    (〖ホワイトベース大槌〗のH/Pをご参照ください)

P2240005.jpg

吉里吉里国の樵(きこり)たちは、薪ボイラー設置のための土木工事も自分たちで行います。
薪やボイラーが、そのことを喜んでくれると思うからです。

P2260001.jpg

私たちの汗と、祈りが籠められた薪やボイラーで灯を焚くのです。
それが私たちにできる、お湯に浸かる宿泊者の方々との心の交い合いです。

P2260014.jpg

コンクリート打設作業が終わろうとしています。
この街の、名もなき普通の被災者が築いたこの基礎の上に、あの避難所の薪ボイラーが復活します。

P2280005.jpg

これから、ボイラー本体のメンテナンス作業に取り掛かります。
今月14日が、いよいよホワイトベースへの引っ越しです。

P2110002.jpg
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

復活の森プロジェクト ~豊穣の森づくり
P1220043.jpg
我に鞭打ち、山仕事がつづきます。
P1010740 - コピー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホワイトベースに宿泊される復興事業従事者の方々に、薪のお湯で温まって欲しいです。 それが、震災直後の生き延びるための期間中、我々避難所生活者を温めてくれた薪ボイラーへの恩返しです。
 
災害からの復興という歴史は、これからもつづきます。 吉里吉里国はそのストーリーの1頁に、「復活の薪ボイラー」を挿入し、被災地の子ども等に語り継いでいきます。
 
ホワイトベースに集まる方々は、みんな家族です。
ここで暮らしていこうと決めた私たちと、一緒になって街づくりに携わってくださる大切な人たちです。
おおつちの海や山、まっ白い根拠地に湧く薪の湯、そして普通の吉里吉里人が皆さまをお待ちしています。 共に生き、共に学びましょう。
 
美しい街とは、どういう街なのでしょう。 名もない普通の人たちが、汗と祈りを籠め長い年月をかけて創られた街ではないでしょうか。 私たちも普通の人間でありつづけながら、美しく生きていこうと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。