スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  森 林 教 室 『 冬 芽 の 観 察 会 ・ 馬 さ ん と の 触 れ あ い 』    平成29年1月26日


吉里吉里学園・小学部5年生(20名)を対象に、森林教室を開催しました。 【1月24日】

 ↓ 開会の挨拶。
P1130388.jpg
 ↓ 冬芽の観察についての説明。 講師:藤原 勝志 氏(森林インストラクター)
P1000984.jpg
 ↓ いざ、吉里吉里の森へ出発。
P1130431.jpg
 ↓ 冬の森についての説明を聴く生徒たち。
P1130454.jpg
 ↓ 熱心に冬芽を観察しました。
P1000996.jpg
 ↓ 途中、リスの巣が地面に落ちていました。
P1130436.jpg
 ↓ 急きょ、リスの生態も少し勉強しました。
P1000999.jpg
 ↓ いろんな種類の冬芽を採取することができました。
P1000981.jpg
 ↓ 冬芽の成り立ちや、その役割り等をいっぱい学ぶことができました。
P1130456.jpg

 ↓ 観察会が終わると、お馬さんがやって来ました。 名前は、『サムライ キング』と言います。
P1130376.jpg
 ↓ さっそく、お馬さんとのお散歩をはじめました。
P1130474.jpg
 ↓ 最初は、生徒たちもオッカナ・ビックリのヘッピリ腰!
P1130479.jpg
 ↓ 馬のタテガミをしっかり握る生徒。
    鞍を付けてないので、背中の暖かさが、体中に広がります。
P1010012.jpg
 ↓ この馬は、林業(馬搬・地駄引き作業)で使われている馬です。
    馬方さんのお話し「人馬一体となった暮らし」に興味を抱く生徒たち。
P1010035.jpg
 ↓ 馬方さん:岩間 敬 氏(遠野馬搬協会)。
P1010041.jpg
 ↓ 生徒たちはみんな、サムライ キングと仲良しになり、別れを惜しみました。
P1130529.jpg
 ↓ 学校の先生方や、釜石市から駆けつけて下さったボランティアのみなさん、ありがとうございました。
P1130523.jpg

生徒は寒風にさらされ、自然の営みの素晴らしさと大切さを感じたと思います。
凍てつく森の中で、馬の背中の本当の温もりを、肌で知ったと思います。
現場に立つことの嬉しさを、これからも学んでもらいたいです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。