スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

      夏 過 ぎ る こ ろ              平成28年9月23日


『薪の湯まつり』イベント 【8月20日】  場所:復興まちづくり大槌(株)、簡易宿泊所「ホワイトベース大槌」
↓大浴場を無料開放。 仮設住宅で不自由な暮らしを強いられている方々に喜ばれました。
DSC_6565.jpg
↓参加者にピザ料理等(他に海鮮バーベキュー、焼きそば、綿菓子、かき氷等々)を無料でお振舞いしました。
P8200115.jpg
↓延べ、90名を超える参加者でした。
  この草の根活動が、世代間交流や地域活性化につながります。
ラスト
薪の湯まつり、石井氏写真

『内外交流促進活動』  【8月25日】  法政大学の学生さん。
↓薪割り作業、ありがとうございました。
P1120522.jpg
↓講話会の開催。  「震災風化防止活動」
P8250123.jpg

『吉里吉里祭り』  【8月28日】
↓神社境内にて、郷土芸能「虎舞」が勇壮に跳ねる。
P8270142.jpg
↓震災から5年半、多くの見物客に見守られ盛大なお祭りが挙行されました。
P8280221.jpg
↓吉里吉里の誇り「獅子踊り」を悠悠・閑閑に舞う、街の次代を担う踊り手たち。
P8280231.jpg
P8280246.jpg

『内外交流促進活動』  【8月31日】  千代田区社会福祉協議会の皆さん。
↓薪割り道場にて、薪割りの安全作業の指導。
P1120547.jpg

『内外交流促進活動』  【9月3日】  千代田建設化工(株)社員の皆さん。
↓薪割り作業後、かき氷のお振舞い。
P1120578.jpg
↓講話会の開催。  「震災風化防止活動」
P1120581.jpg

花火大会  【9月9日】
↓吉里吉里港の岸壁(沖側の防波堤)から打ち上げられる花火。
  秋田県の高校生たちが、被災地(大槌町)支援のため廃品回収に汗したことで、叶えられた成果です。 
P1040115.jpg
↓吉里吉里漁港が花火に光り輝いています。
  秋田の高校生の真心が、漁師たちの“希望の船”をしっかりと照らしています。P1040221.jpg

植樹活動、ピザお振舞い  【9月11日】
↓大槌町主催の植樹活動が「浪板海岸ビレッジ」の傍で行われ当団体も協力しました。
P1040285.jpg
↓この活動に携わる方々に、昼食用のピザを焼きました。
P1040271.jpg
↓大槌町の浪板地区、国道45号線の法面にいろんな樹種の苗木を植えました。
P1040275.jpg
↓浪板海岸にピザ窯2基を運び込み、気合を入れてピザを焼きまくりました。
P1040350.jpg
↓植樹活動参加者を対象に、ピザ調理体験教室も開きました。
P1040367.jpg
↓汗して薪割りし、焼き上げたピザを皆に振る舞うことで、スタッフは一瞬の至福を感じます。
P1040410.jpg
↓大槌町長さん、吉里吉里公民館長さんもピザを頬張っています。
P1040450.jpg

被災地支援ボランティア活動  【9月10日】
↓台風10号により被災した宮古市に行きました。
P1000778.jpg
↓泥の撤去作業に励む、吉里吉里国スタッフ。
P1000775.jpg

熊本地震被災者の方々への恩送り
↓吉里吉里の仮設住宅に住む方々の募金活動による、支援金です。
  「吉里吉里国さんから熊本の被災者に渡してください。」との依頼を受けました。
P4250041.jpg
↓仮設住宅生活者から熊本の避難所生活者へ、真心が届けられました。
  直接手渡ししてくれたのは溝口秀司 氏です。(写真右側から二人目)
溝口氏熊本地震支援
↓後日、熊本の避難所生活者の皆さまから感謝の心が綴られたTシャツが届きました。
P1120528.jpg

●連日続けられる森林作業(集落営林型自伐林業)  【通年】
P8190084,0819

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
 花火大会を満喫させていただきました。花火で吉里吉里の漁港や大小の漁船が、照らされる様。
 それを見ながら言い知れぬ嬉しさが込み上げました。
 あの大津波でさえ、漁師たちの “働く誇り” だけは奪い去ることはできなかったのだと。
 
 吉里吉里祭りで御神輿を担ぐ人や獅子踊りを舞い、笛・太鼓を操る人からほとばしる玉の汗。
 この街でこれからも生きていける希望と幸せを感じました。
 この地に骨を埋める覚悟があるなら、天は我々を見捨てたりはしないのだと。

 ●当団体スタッフ(福岡県出身)が、熊本地震の被災者(友人)と電話で交わした言葉です。
 いま、なんばしょうとね? 避難所生活はしどしかろうねぇ、やぉ- いかんめぇ-!         
 俺もようわかるけん。 ばってん、!負けたらつまらんばい     
 立ち上がらなぁ-いかんばい!            
 立ち上がれん人の分まで、働いてやりんしゃい。     
 お前も俺もおんなじたい。 おんなじ被災者たい。 それでよかたい
!    
 いま、どうしてる? 避難所生活は辛いだろうな、大変だろうな!
 俺もよくわかるよ。 でも、負けるなよ!
 立ち上がらないとだめだよ!
 立ち上がることの出来ぬ人の分まで、働いてやりなさい。
 お前も俺も同じだ。 同じ被災者だ。 それでいいのだ。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

   夏 の 日 の ア ル バ ム            平成28年8月18日

 ◎ブログの更新が遅れましたことをお許しください。お詫びに、写真をいっぱい掲載させていただきます。

【7月14日】 ●森林教室、「蜜蜂の暮らしと自然環境」 開催。 (吉里吉里学園小学部5年生のみなさん)
↓蜜蜂の生態についての学習。
P1090432.jpg
↓巣箱と女王蜂の観察。
P1090434.jpg
↓採蜜作業の体験。
P1090462.jpg
↓地域の子どもは、地域で育てる。
P1090473.jpg

【7月16日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (岩手県北観光、守屋さんツアー御一行様)
↓薪割り道場で、みんな同じ汗を掻く。
P7160008.jpg

【7月17日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (滋賀県立大学、地域共生センターの方々)
滋賀県立大地域共生センター
↓震災講話会の開催。
滋賀県立第

【7月8~10日、25~27日】●内外交流促進活動・震災風化防止活動。(日本郵船、社員研修生の受け入れ)
↓炎天下の薪割り作業。
P7250030.jpg
↓薪割り修行を終えた後の“かき氷”のお振舞い。
P1120439.jpg
↓震災講話会の開催。
P7100044.jpg

【7月28日】 ●内外交流促進活動・震災風化防止活動。 (釧路東高校の生徒さん)
160728釧路東高校

【7月30日】 ●内外交流促進・地域活性化活動。 (“森と海の映画祭”の協働運営)
↓半ドーム状のピザ窯(今春に製作)を吉里吉里海岸に運び、“火入れ式”を行いました。
P1030713.jpg
↓この窯で初めて焼き上げたピザです。
P1030787.jpg
↓このイベントに参加された人を対象に、ピザ調理体験教室を開きました。
P1030831.jpg
↓地元漁師さんの協力で、震災後“地引網”が復活しました。
P7300009.jpg
↓「大槌ウインド・オーケストラ」さんの美しい音色が、吉里吉里の白い砂浜に響きました。
P1030734.jpg
↓閉会式では、当団体が閉会の言葉を述べさせていただきました。
P1030873.jpg

【8月3日~8日】 ●ダニエルさんがやってきた。細やかな歓迎会を催しました。
P1120448.jpg
↓大津波に呑みこまれ危うく助かった時の様子を、ダニエルに聴かせる吉里吉里国の棟梁。
P1120484.jpg
↓震災直後、一匹狼(単独ボランティア)としてアメリカから吉里吉里国に飛び込んできた彼でした。
 当時、まだあどけない高校生でした。いま、立派なシアトルのサムライになっていました。
P8060016.jpg
↓ダニエルは、私たちにとっては単なるお客さんではありません。仲間であり家族です。
 ですから、吉里吉里滞在中は毎日汗を流しながら働いてもらいました。
P1120446.jpg

【8月6日】 ●内外交流促進・震災風化防止活動。 (タンザニア支援活動団体「トゥエンディー」の皆さん)
P8060029.jpg
↓震災講話会の開催。
SANY0441.jpg
↓吉里吉里の砂浜で、スイカ割り大会等の交流会。
SANY0451_20160818121452ce3.jpg

【通年】 ●吉里吉里国の樵(きこり)達。
↓作業道策定作業。
P1090523.jpg
↓伐木(間伐)作業。
P1090490.jpg
↓間伐材の搬出作業。
P1090239.jpg

============================================
 ・ダニエルさんがアメリカに帰国する直前、当団体スタッフの一人が彼に宛てた走り書きが、いま手元に
  2通あります。それを記します。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
私の息子(のような)ダニエル へ

吉里吉里に来てくれてありがとう。心からお礼を申しあげます。
君に会えて、5年前のあの夏がよみがえりました。

あの時の起ち(立ち)あがった覚悟を、もっと強く我が胸に抱く(いだく)ことができました。
震災からこれまでの私の生き方は、間違ってはいないのだということを、
あなたは私に無言のうちに教えてくださいました。

普通の正直な民人として、名も無き人として、私はこれからも吉里吉里で暮していきます。
森と海、その流域の恵みを授かりながら、汗と土にまみれ一生懸命に働きます。
  
私や家族のことは、もう心配なさらないでください。私たちは、もう大丈夫です。
いま一度言います。 ダニエルさん、ありがとう !


           5年前のあの時 辛かった でも嬉しいこともあった
                 あなた達が いてくれたからです
            あの時は もう二度と還って(かえって)はこない
          それでも あの日あの時は みんなの心に生きている
             空と海は この地球につながる 宇宙にまでも
       あなたと私の心を 空に流れる雲や 海に輝く水脈が運んでくれる。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

梅 雨 空 の 下 、 吉 里 吉 里 国 は 大 忙 し !        平成28年6月24日

 ● 【森林作業】  劣勢木の間伐作業。
P1080797.jpg

P1080757.jpg

 ● 【社会福祉法人 吉里吉里保育園の運動会】
  震災前、この場所は杉林でした。 当団体が伐採作業を行い、新しい園舎が再建されました。
P6110006.jpg
  海が一望できる園庭に、園児たちの歓声が響きます。
P6110007_20160624120413983.jpg

 ● 【感謝状授与】  岩手県林業改良普及協会より、感謝状を授かりました。〈岩手県沿岸広域振興局にて〉
P1120198.jpg

P6240002.jpg

 ● 【自民党農林部会長 小泉進次郎氏 と面談】   (衆議院第2議員会館にて)
  “自伐型林業から地域創生を図る取組み”についての提言をいたしました。
160617

 ● 【吉里吉里国 薪割り道場】  お母様と小学1年生の親子連れ。  
P6190013.jpg
  雨に打たれながらも、薪を割りつづける。
P6160009.jpg

P6220006_201606241442517e3.jpg
  薪割り作業は、ひとつの修行(道場)です。
P5210061.jpg

 ● 【ピザ調理体験交流会】
P6190016.jpg
  あなた、つくる人。 わたし、たべる人。
P6190018.jpg

 ● 【森林教室】  大槌学園 小学部3年生、『町探検』野外学習。
P1120090.jpg

P1120103.jpg

 ● 【内外交流促進・震災風化防止活動】  講演会 「吉里吉里国の小さな覚悟」 開催。
P1120190.jpg

P6070003.jpg
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

   東日本大震災の記憶が薄れていく中、その風化防止の手だてがこの先必要と考えられます。私たちは、
 これからも、震災の風化防止のための活動を継続してまいります。
   震災の大津波で大槌町吉里吉里地区も甚大な被害を受けましたが、過去においても当地域は幾度とな
  く津波災害を被った歴史があります。
   それでも先人は、そのたびに悲しみの淵から這い上がり、街を新生し、その経験を後世に引き継いできた
 背景がありました。
   そこには、厳しい自然と真正面から向きあい、折り合いをつけながら生き抜く「自然と共生できる」知恵が
 あり、「此処で生きつづけよう」とする願いと祈りが籠められていました。
   即ち、「自然の恵みを授かる術を身につけた」己に対し、揺るぎなき自信と誇りを抱きながら暮らしてきた
 人たちがいたのです。
   これからは、誰かと何かと比べてばかりの生き方をやめようと思います。先人たちのような、誇りある暮ら
 しを求めるからです。
   この街で暮らしていこうと願う普通の人たちと共に、豊穣の森・海づくり、人づくり活動をこれからも展開し
 てまいります。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

皐 月 の 空 の 下 、 吉 里 吉 里 国 は 大 賑 わ い !       平成28年5月17日

【森林作業】
  ↓作業道づくり。
DSCN1256.jpg
P1080772.jpg
 ↓間伐材の搬出作業。
P1080916.jpg
 ↓希少樹木、オノオレカンパ<地方名:アンチャ>の木を見つけました。
P1110928.jpg

【薪割り体験イベント】
 ↓「デイサービスセンター 善 」 壱周年イベントに協賛し、薪割り体験の出前教室を開催。 (釜石市平田町)
P5140043.jpg
 ↓五月晴れの空の下、お婆様は昔を懐かしみ楽しみながら爽やかな汗を掻きました。
P5140027.jpg
 ↓被災地、平田町の次代を担う逞しきマキワリスト(子供たち)。
P5140018.jpg
P1080977.jpg
P5140016.jpg

【企業(金融機関)からの研修生受入れ】
 ↓安全作業に関する指導。
P1110823.jpg
 ↓全員が度胸満点の新入社員です。
P4220037.jpg
 ↓薪割り作業後、『吉里吉里国の小さな覚悟』という講話を聴いていただきました。
P1110865.jpg

【被災地の今】
 ↓吉里吉里の海沿いに、防潮堤(高さ:12,8m)の建設が進んでいます。
P4220039.jpg
 ↓吉里吉里地区の防災集団移転地のひとつ、D団地の土地造成工事も終盤を迎えようとしています。
P4300045.jpg

 吉里吉里の森に高価な檜(ヒノキ)はありません。
 でも、県内の内陸部には現存しないアンチャ(オノオレカンパ)の木が、私たちの集落の森にある。
 樹木の中で、唯一水に浮かばぬ木である。
 50年先、この地に暮らす人たちにアンチャの木を遺したい。

 儲けるために、今売れる木を伐ればいい、、、。
 そういう林業経営を、吉里吉里国は行いません。
 経営が厳しくても、目先の利益を求めたりはしない。
 
 薪割り作業は辛い。
 でも楽しくて、面白くて仕方ない。 
 斧を振上げ、振り下ろす人しか会得できぬ至福の時空がある。
 薪割り作業場は、道場と言える。
 

吉里吉里国の春           平成28年4月8日

 新年度を迎え、新しい現場での仕事がスタート。
P4080002.jpg

 
 吉里吉里地区の防災集団移転地。 造成工事が進んでいます。
 此処で新たな人との出会い、近所付き合いが始まるのです。
 
1_20160408152720eb0.jpg

 居住制限区域から家並みが消えていきます。
 被災者の住宅再建が、少しづつ進んでいるからです。

P4060035.jpg

 吉里吉里国の地鶏たち。 春を喜んでいます。
P4080006.jpg

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  これまで当たり前に在った、なんの変哲も感じなかった近隣の家並み。
  それが滅した時、言い様のない寂しさを感じます。
  でも心機一転!新しい土地で、また善き隣人付き合いを始めよう。
    
  春風が吉里吉里半島の断崖から、集落の山塊に吹きわたる季節となりました。
  木立の中で潮風に身を任す時、それは至福の瞬間です。
  よく頑張ったな!と、風が褒めてくれます。
  まさに森が、“生き方”を我々に教えているのだと思います。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

プロフィール

吉里吉里国

Author:吉里吉里国
<海と協働する林業>
<ひとつの集落、ひとつの林場>
 の実現を目指しています。

私たちは、森の中で汗と土にまみれて働く、名も無き雑草人です。

吉里吉里国復活の薪HP
復活の薪 ツイッター検索結果
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。